MetaVu

AIによる顔・頭部・車のナンバープレートを自動検出して マスク・モザイク自動処理を行う映像ソフトウェアです。

マスク・モザイク作業に何時間を費やしていますか?

MetaVuモザイク処理画像

『MetaVu』はAIによる顔や頭部及び車のナンバープレートのマスク・モザイク処理の候補を自動で検出する作業を構築しました。

マスク・モザイク候補を更に使用する方が加工したり、付け加えたり、間引いたりという作業を使用用途に合わせて簡単に出来る独自編集ツールもご提供します。

AI処理と独自編集ツールでマスク・モザイク作業の時間と人の効率化を圧倒的に図ることが可能な映像ソフトウェアです。

MetaVu紹介動画

MetaVu紹介動画ナンバープレートマスク編
ナンバープレートマスク編(02:49)

MetaVu紹介動画頭部マスク編
頭部マスク編(02:55)

作業の流れ

1
2
3
4
動画ファイルの読み込み
顔・頭部・車のナンバー
プレートの目的別の
AIエンジンによる解析
AIでの未反応部分や必要に
応じて独自の編集ツールで
様々なマスク・モザイクなど
の処理を行う
モザイク処理済み動画出力
もしくはキー出力のみも可能
metavu動画アイコン
metavu脳アイコン
metavuPCアイコン
metavuイメージアイコン
1
動画ファイルの読み込み
metavu動画アイコン
arrow
2
顔・頭部・車のナンバープレートの目的別のAIエンジンによる解析
metavu脳アイコン
arrow
3
AIでの未反応部分や必要に応じて独自の編集ツールで様々なマスク・モザイクなどの処理を行う
metavuPCアイコン
arrow
4
モザイク処理済み動画出力もしくはキー出力のみも可能
metavuイメージアイコン
※①~②の作業は動画ファイルとほぼ同等の解析処理時間を実現

MetaVuの 特徴1

マスク・モザイク作業の効率化を図ることで必要人員の削減やコストの調整が可能


AIによる顔・頭部を自動検出してマスク・モザイク自動処理を動画ファイルとほぼ同等の解析処理時間で実現、さらに独自編集ツールによる加工もシンプルで簡単な設計になっています。
※素材内容により異なりますが自動解析時に80%以上の処理を達成

オペレーションが簡易な為、編集オペレーターは勿論、アシスタントでも作業が可能だと考えています。
またディレクターやアシスタントディレクター、契約スタッフ(バイト・派遣)での作業も簡単な研修で可能だと考えられます

MetaVuの 特徴2

自動トラッキング機能で顔以外の動くターゲットにマスク・モザイク処理を簡単に実現


画一的だったモザイクを色・枠線・画像処理で簡単に表現


MetaVuモザイク処理画像
MetaVuモザイク処理画像
独自編集ツールによる、マスク・モザイク処理をしたい被写体を選び滑らかに追従することが可能になりました。
※具体的には、車のナンバープレートや街中の看板など、最初の処理で検出が出来なかった被写体をより正確に処理をすることが可能です。

既存アプリケーションのプラグインではない為、導入しているシステムに左右されずに作業を同時に行うことが可能です。

好みに応じてぼかす強度(弱、中、強)、ぼかしのパターン(格子、ぼかし、保護)のぼかしの色や輪郭線の色や濃さなども規定色での変更が可能など、多様な編集ニーズに対応しました。また選択したターゲットを予めユーザーでご用意した画像に置き換えることも可能となっています。

映像フォーマットについて

ファイル形式 コーデック
入力動画 MXF(OP1a) XDCAM, DNxHD
MP4 H.264
AVI Canopus HQ, HQX
出力動画 MXF(OP1a) XDCAM(MPEG HD422), VC-3(DNxHD LB/100, SQ/145, HQ/220,HQX/220x, 444)
MP4 H.264(4Mbps, 10Mbps, 20Mbps)
AVI Canopus HQ, HQX(422 8-bit), Huffyuv, Huffyuv FFmpeg variant

最低動作保証PCスペック

クライアント
パソコン
CPU 第7世代Intel Core i7プロセッサ以上
メモリ 32GB
GPU NVIDIA GEFORECE GTX 1070以上 VRAM8GB以上

お問い合わせ